『協会けんぽ』になって健康保険料は変わるのか? | 福岡の社会保険労務士(労務士あんどう)ブログ

『協会けんぽ』になって健康保険料は変わるのか?

2008年10月15日


10月から政府管掌健康保険は
社会保険庁から全国健康保険協会が運営することとなりました。

(全国健康保険協会の愛称?略称?は『協会けんぽ』です。)




さてポイントとなる健康保険料率ですが、当分の間は変更されません。



【当分の間は変更されない】・・・・




【いつか変更される】
ってコトになります。



いつか健康保険料率が変更される時期は・・・・

『協会けんぽ』が設立された1年以内に、
都道府県別に保険料率が設定されることになっています。




・・・・「都道府県別!?」

そうです。


これまで全国一律でしたが、
国民健康保険のように地域によって料率が変わってきます。



都道府県別に年齢構成や所得の水準をもとにして、
地域の医療費を反映した保険料率を設定するといわれています。


高年齢の人口が増えている現状では
医療費のコスト削減による健康保険料ダウンは望めそうにありません。


しかし、せっかく民間団体として『協会けんぽ』が設立されたのですから
ぜひ運営コストの削減によって健康保険料ダウンを実施してほしいものです。

Popularity: 2% [?]

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




RSS:この記事のコメントのフィード

«

»